このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア
Pocket

100を達成できない人の「マインド」の共通点とは?

今年の振り返りはいかがでしたでしょうか。
2017年の目標計画はお済みでしょうか?
新しい技術と知識が必要になります。

 

ゴルフの同じ道具、同じ言語、同じテキストを使って同じこと
を練習しても、人によって「吸収・成長のスピード」は
違うものですよね。

 

ゴルフで100を切れない
その差異はどうしてうまれるのでしょうか?

 

習得スピードが遅い人が使っているある口癖があります。

 

習得出来る考えの人は、普段から本を読んだり研修や
セミナーに参加したり通信教育でトレーニングや学んだりと、
色々な学びの機会に触れていると思います。

 

 

18ホールをパーで回ると72のスコア。
それを目標として100を切る!

 

果たして、このとき、同じことをやっていても、
人によって成長の速度に差が出てしまうのはなぜでしょうか?

 

ゴルフでスコア100を切りたいことは無謀でしょうか?

 

もっと大きなものは「素直に情報を受け入れるのか?」、
「それとも自分の参照枠に当てはめて情報を受け入れるのか?」
の差だと感じてます。

 

私たちは頭の中に「参照枠(参照フィルター)」を持っています。
参照枠とは、過去の知識、経験、記憶、価値観、
思い込みなどのことです。

 

新しい情報を新しい情報として素直に受け取るのではなく、
過去の参照枠というフィルターを通して自分なりの
解釈に歪めてから受け取ってしまうということです。

 

100を切っているゴルファーと、
100を切っていないゴルファーとで
大きく分けられることもあります。

 

新しい知識が新しいものとして知覚されないのです。
これが成長のスピードを著しく低下させてしまうんですね。

 

「確かにいいやり方だと思う。でも自分には…」、
こういったメンタルブロックも、
ある意味、過去の参照枠の一つと言えます。

 

それでは、成長を一気に加速させる方法とは?

 

同じことを学んでも成長する人としない人を
大きく分けてしまう分岐点になっていると考えてます。

 

そして、これがコミュニケーションを複雑にしてしまうのです。

 

日々受け取る情報の中には、もちろん取捨選択(整理整頓)
していかないと危険なものもあります。

 

 

 

ここである考え方、「PDCA」です。

 

「PDCA」の仮説を立て、期限と目標を決めて
行って、18ホールのスコアを100を切る。

 

「この人から学んでみよう」「この本から学んでみよう」
「この教材から学んでみよう」と決めたのであれば、
自分の参照枠は一旦脇に置いておいて、

 

その相手の参照枠で思考してみるようにすると、
学びは一気に加速していくのです。

 

そのヒントが久田プロ・川上プロがアドバイスしてくれます。

 

 

『スコア100、うまくいく人の目標達成術』

ゴルフ・パーフェクトマスター、目標はゴルフでスコア100を切りたい!
自分自身のリーダーシップを高め、富と幸せを引き寄せ、
それらを豊かにわ分かち合い、感謝と感動の中で楽しく成長し
人生をエンジョイするための成功と幸せを掴むためには。

 

 

 

しかし最近、ある新しい事実がわかりました。
それは、100切りは難しくないということです。

 

3ヶ月もあれば、初心者でも100を
切れるということなのです。

 

3日間限定の割引価格はこちら

>> 特典付き_100切り!ゴルフ・パーフェクトはこちら

 

 

*———-*———*———*———*———*
ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)とは、
「関係性構築のネットビジネスを作るための仕組み」

公式:「集客⇒販売⇒フォロー」=DRM。

⇒  http://goo.gl/2fTZsy
*———-*———*———*———*———*

 

 

 

保存

保存

保存